空き巣の被害にあいました。届け出を出しに行ってみた

こんにちは!アツクンです!
 
「空き巣」の被害に遭いました。  
 
地元の市役所に、被害の報告を言いに行きました 
 
こういう経験は、めったに ないので、
どう行ったらいいのか、分かりませんでした 
 
ですが、頑張って行ってきたので、 
 
「空き巣被害」を市役所に報告しに行った話、を報告いたします。
 
いつ、どこで、誰が何をされて、何があったかを、はっきりとさせる。 
紙に書き出す、といいです。 
 
証拠があれば 市役所も確実に動けます。
証拠がないんであれば、さすがの 市役所も 動きようがありません。 
 
○詳しくて遅い届出よりも、 雑な話をまとめた早い届出の方が良い。
 
□ その品物が、あなたが盗まれたと思うものかどうか、は分からないです。 
「同じ品物を持っていたんです」と言われるかもしれない。
 
□ 公的な機関に相談をしに行くと 
こちらが被害者にも関わらず、 こちらが悪いような気になります。
 
相手の人も、どういう事情なのか、最初の話だけではわからないので、
 
だんだん難しい表情になっていきます。 
 
要点を紙にまとめる、
犯罪に合った後、自分がどうしたいのか、を簡単にまとめて
 
堂々と相談しに行きましょう。
 

【被害届】いつ?どこで?誰が?何があった?を紙に、書き出して、持って行く【犯罪】

言いたいことで頭がいっぱいなのは、ボクらのほうだけで、
 
市役所の人は、 
 
“それ”は何のことか?、
 
“何”の話か?、
 
“何が”起きたのか?、
 
全く分かりません。 
 
 
なので、 
 
いつ?どこで?誰が?何があった?
 
そして、それを自分でどうしたいか?
 
を紙に書き出して、まとめて 持っていくのがいいです。
 

【被害届】証拠があれば、一番いいです。まず、証拠を残しましょう【犯罪】

市役所の人に、すぐに、絶対に聞かれるところです。
 
「証拠あるんですか?」
「証拠は、とってありますか?」
 
証拠は、とっても大事です! 
 
証拠があれば市役所の人たちも動いてくれますが、 
 
証拠がない場合は、さすがの市役所の人たちも 動きようがありません。
 
手の打ちよう、がないんです。
 
 
市役所の人たちも、ただの地方公務員で 、
 
良い意味で、お役所仕事としてやっている、のだ、
 
を再認識させられる瞬間です。
 
あくまでも上からの通達・指示があって、その通達・指示通りに動くんです。
 
 手続きがはっきりしていて、その手続き通りに動くだけ、です。 
 
現状を打破するような、熱意とか熱い思いなど、関係ないんです。
 
 
です ので、
 
証拠を 提示してあげる
 
こちら側が、具体的に、 どうして欲しいか言う
 
が、大切になります。
 

【被害届】証拠の残しかた を再確認してみる【犯罪】

証拠の残しかた、です。
 
犯罪性・事件性のある事態が、発生したら、証拠をとり始めます。
 
現場の証拠の写真などを 撮っておく。
 
インターネット上の 名誉毀損・個人情報の漏えいなどは 
そのホームページの URL をメモするか、プリントアウトしておく。
 
恐喝や脅し暴言などで、脅迫された恐喝された場合は 録音しておく。
 
コンパクトな IC レコーダーなど、売っていますので活用しましょう。
 

【被害届】堂々と市役所に相談しに行きましょう!!【犯罪】

こういう犯罪にあうと はっきり言って
 
被害者の方が 泣き寝入り、加害者のやつが 逃げ得、というのが定番です 
 
結局のところは
 
「自分の身は自分で守りましょう」
 
ということです。
 
 
相談しに行くのも、被害者の私達の方が、何か悪いことをしたような気になってしまいます 
 
相談の話を聞いてくれる市役所の人も、 
 
どういうことがあったのか、
どうしてほしいのか、
 
がよく分からないので、だんだん難しい顔になっていきます 
 
相談したい被害状況を、紙に書き出す、
自分としては この事態をどうしていきたいか、 をはっきりさせる、
 
で、堂々と市役所に相談しに行きましょう。
 

【被害届】まとめ【犯罪】

いつ、どこで、誰が、何をされて、何があったかを、はっきりとさせる。
紙に書き出す、といいです。
 
○証拠があれば 市役所も確実に動けます。
証拠がないんであれば、さすがの 市役所も 動きようがありません。
 
○詳しくて遅い届出よりも、 雑な話をまとめた早い届出の方が良い。
 
□ その品物が、あなたが盗まれたと思うものかどうか、は分からないです。
「同じ品物を持っていたんです」と言われるかもしれない。
 
□ 公的な機関に相談をしに行くと
こちらが被害者にも関わらず、 こちらが悪いような気になります。
 
相手の人も、どういう事情なのか、最初の話だけではわからないので、
 
だんだん難しい表情になっていきます。
 
要点を紙にまとめる、
犯罪に合った後、自分がどうしたいのか、を簡単にまとめて、
 
堂々と相談しに行きましょう。