「豊洲市場」行ってみた!【東京】

こんにちは!アツクン です!
 
「豊洲」は、お台場にあります。 
ゆりかもめ に、乗って片道30分かかります。時間の制約があるかたはご注意ください。
 
○とにかく、広い!1人で行ったのですが、写真を撮りながら、サッサと回って、30分以上かかりました。
 
○歩いてまわるので、
「トイレ・ポイント」でトイレに行っておきましょう。
 
○青果棟も、水産・仲卸売場棟も、 「見学窓」あいてはいますが、
“ただの通路”しか見えなかったり、で、あまり良くないです。
 
○水産・仲卸売場棟の、
「小型 運搬車・ターレ」の展示。
他の見学者のかたたちも、
「ターレ」に乗って、盛り上がって写メを撮ってました。
 
○水産・仲卸売場棟、
「春夏秋冬の魚」の「展示ボード」は 要チェックです。 
手で触って、写真シートを、ひっくり返すと、調理例が裏から出てきます。
 
○ (注)手早く  回りきれなかったため、
水産・卸売場棟、「屋上の緑化広場」と、
「巨大なクロマグロ」は見てません。
 
 

【ターレ】ひろい!「豊洲市場」 お台場にあります! ゆりかもめ でも行けます!【東京】

豊洲市場、さすがに広かったです 
 
お台場にありますので、 
新橋から「ゆりかもめ」でも行けます。
 
ゆりかもめ に乗った場合 、 
 
揺られながら片道30分かかります 
結構、時間かかります笑。 
 
お台場のフジテレビ前、 
「お台場海浜公園」通り過ぎて、 
「東京ビッグサイト」「有明テニスの森」通り過ぎます。
 
印象としては、お台場の奥の方にある感じ? 
 
他の、ゆりかもめ のお客さんは、
 フジテレビ前・お台場海浜公園で
降りてました笑。
 
最寄りの駅は「市場前」駅になります。
 
 

【ターレ】青果棟、水産・仲卸売場棟を見学しました【東京】

青果棟も、2階が 見学コースになっています 
 
2階部分からの 目線で、 
1階の青果市場 の様子を見ることができます 
 
青果のセリは終わっているので 
閑散とした市場の場内を、 
 
「はーい、青果の市場は広いんですね」
という感じで見ます。
 
 
2階の見学コースから「見学窓」が開いています 
 
ですが、この「見学窓」から見える構図は、 
ただの“市場の中の通路”みたいな光景 が多いので、 
 
良い見学窓だ、とは思いませんでした。
 
 
 

【ターレ】水産・仲卸売場棟、 「春夏秋冬の魚」と、「小型運搬車・ターレ」が超オススメです!【東京】 

次に水産・仲卸売場棟を見に行きました 
 
こちらの方が、展示物がユニークで特徴があります
 
「春夏秋冬の魚」の展示パネル 見ます。
 
「春夏秋冬の魚」を 説明する  パネルです。 
 
ところが、  
魚の写真シートを手で
“ペラッ”と、めくると、 
その裏から 
美味しい「その魚の調理例」が出てきます。 
ユニークで、調理例が美味しそうです
 
 
「小型運搬車・ターレ」の展示ブースでは 
 
見学者たちが一番テンションが盛り上がるところです! 
 
写真撮影 OK ですし、
「ターレ」に触っても、
「ターレ」に乗っちゃっても大丈夫なんです。 
 
なので、 
テンションが上がった見学者は、
「ターレ」に実際に乗って、 運転する気分になります。
 
そこを 友達から、家族から、 
写真を取られて 
皆さん、メチャメチャ盛り上がっていました!
 
 

【ターレ】まとめ【東京】

「豊洲」は、お台場にあります。
ゆりかもめ に、乗って片道30分かかります。時間の制約があるかたはご注意ください。
 
○とにかく、広い!1人で行ったのですが、写真を撮りながら、サッサと回って、30分以上かかりました。
 
○歩いてまわるので、
「トイレ・ポイント」でトイレに行っておきましょう。
 
○青果棟も、水産・仲卸売場棟も、 「見学窓」あいてはいますが、
“ただの通路”しか見えなかったり、で、あまり良くないです。
 
○水産・仲卸売場棟の、
「小型 運搬車・ターレ」の展示。
他の見学者のかたたちも、
「ターレ」に乗って、盛り上がって写メを撮ってました。
 
○水産・仲卸売場棟、
「春夏秋冬の魚」の「展示ボード」は 要チェックです。
手で触って、写真シートを、ひっくり返すと、調理例が裏から出てきます。