熱中症の対策の話です

こんにちは!アツクンです!

1、塩飴(しおあめ)は虫歯になります。タブレット型の 塩分補給 の方がいいです。
2、水分補給にカフェインが含まれているコーヒーとかお茶は向いていません。
3、首に直射日光を当たるのを防ぐグッズ、売ってますので使いましょう。

暑さと汗で 皮膚が痒(かゆ)くなってしまいます 「薬用クリーム」を使いましょう

「あせも」ができて皮膚が、かぶれてしまいます

痒(かゆ)くて痛くてしょうがないです

皮膚がかぶれた炎症を抑えてくれる 「薬用クリーム」が売ってますのでこれを活用しましょう。
ボクも暑い時期は愛用させてもらってます。

「薬用クリーム」は結構ベタベタした材質になります。使用するポイントはすぐに手を洗いましょう

 

皮膚を直射日光にさらすとボロボロになります   皮膚は出さないようにしましょう

暑いので外出した時に、腕まくりをしてる人がいますが、ボクはおすすめしないです。

ボクも腕まくりをしたり、首回りが空いてるランニングを着たりとかしていました。

これは 日焼けを、ひどくしてしまいます。

皮膚の表面が ボロボロになってしまいました。

汗も混じって、かぶれた皮膚の表面を、 指先で 、かいてしまって傷口ができました

その後も日焼けが進みます、汗もかくので、かぶれてきます。

さらに、かいてしまうので傷口が拡大して行きました。

結局、皮膚の傷口から血がにじむ、ウミもにじむ…、

皮膚の傷口が血と膿でぐちょぐちょに、なってしまい、大変辛い思いをしました。

要するに「紫外線の対策を完璧にしちゃってる女の人」の格好です。
皮膚の表面は、出さないで外出しましょう。

水分補給はスポーツドリンクで!ベビーパウダーも使いましょう!

水分補給はスポーツドリンクか経口補水液がいいです。

お茶やコーヒーは水分補給には向きません。

お茶やコーヒーはカフェインが含まれています。
カフェインが良くないんです。

カフェインには「利尿作用」があるので、体の中の水分を、おしっこにして体の外に出してしまうんです。

カフェインには神経を刺激する作用もあります。
よく眠れなくなり、睡眠が深く取れないようになります。

睡眠不足は必ず熱中症になってしまいます。

コンビニで売っている清涼感のある「油とりシート」(ギャッ○ビー)で汗が多い部分や、あせも を、拭いておくのもオススメです。

古典的な対策だと思われますが「ベビーパウダー」を使いましょう。

「ベビーパウダー」を使うときのポイントです。 パウダーを 使う時、パウダーの粉が床に落ちてしまいます。

床に、新聞紙や大きめのタオルなど敷いてからパウダーを使いましょう。

落ちたパウダーで床が、スベリます。 足元が危ないです。

 

まとめです

○かぶれた皮膚の炎症を、抑える「薬用クリーム」を使いましょう。
暑さと汗で、皮膚がボロボロになってしまいます。
○皮膚の表面は、表に出さないようにしましょう。
○「ベビーパウダー」を使いましょう。
パウダーを使うときは、パウダーの粉が落ちるので、床に新聞紙か大きいタオルを敷いて使いましょう。