手術が なんと!8万円になる?! 高額療養費制度の「限度額適用認定証」を使って手術する!

こんにちは!アツクンです!

ボクは6年前に腎臓結石の手術を受けました。

その時に、高額療養費制度の「限度額適用認定証」を使用したのでその話をします。

初めての本格的な、大きな手術の手術入院でした。

腎臓結石の手術は、必ず受けなくては、 なりませんでした。
ですが、もちろん貧乏なので手術代を全額払うのは、きつかったんです (笑)

高額療養費制度のことは、 ボクから聞いたんです

ボクにとっては初めての
腎臓結石の手術・全身麻酔の内視鏡の手術でした。
 
診察室に入ると、 
お医者様と 若い美人な看護師さんが立っていらっしゃいました。 
 
ここで、 手術をする具体的な説明のお話になりました。 
 
…腎臓結石の結石の除去手術、
…全身麻酔を使い手術時間は3時間ほど、
…入院してもらって行います。
 
ボクは、手術のお金が心配だったんです。 
 
高額療養費制度の存在は、事前に知っていました 
 
手術の説明の話ばかりで、
お医者様からも看護師さんからも 
高額療養費制度の話は出ませんでした。 
 
なので、ボクの方から 
「手術費用のことなんですけども…
高額療養費制度があるって聞いたことがあるんです、
高額療養費制度は、使えるでしょうか?」
 
とボクの方から聞きました。 
 
美人の看護師さんは「あっ」と言いました。 
美人の看護師さんが
「ちょっと待ってて下さい」と言って 部屋の裏の方に行きました。
 
高額療養費制度の使い方・申請の仕方が書いてある、 A 4の紙1枚を持ってきて下さりました。 
 
やっぱり、自分から聞いてみるものですね。 
おかげさまで 高額療養費制度を間違いなく使うことができ、
手術入院費用が 安く済みました。

高額療養費制度の「限度額適用認定証」を使って、手術代金を8万円以下にする方法!

ネットで高額療養費制度、その「限度額適用認定証」の話を最近読んでたばかりだったんです。

ボクの方から看護師さんに「限度額適用認定証」の話を聞いてみたんです。

普通の病院での医療行為でしたら、お医者さんや看護師さんが全て決めて全てやってくれますよね。
ですが、医療費が減額してくれる「限度額適用認定証」の申請は、 誰もやってくれないんです。

申請の作業は、自分でやらなくてはいけないんです!

ボクの場合は、看護師さんに聞いてなかったら、3割負担の医療費をそのまま払ってました。

本当に8万円の倍の16万円払っているところでした!

それでは肝心の、「限度額適用認定証」の申請の仕方です。
まずは、協会けんぽの申請の仕方です。

まず「限度額適用認定の申請書」があります。それを、まずもらいましょう。
ネットからダウンロードできますし、ボクの場合は、病院からもらいました。

全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、受け付けている窓口は、 協会の各都道府県支部です。
申請書に必要な項目を記入して、 受け付けている窓口へ自分で申請しましょう。

「限度額適用認定証」のおかげで、手術代金が8万円以下!本当に助かりました!

何度も言いますが、自分で申請するものです!
病院やお医者さん、看護師さんは、何もしてくれません!

皆さんも多分、郵送で申請をする人が多いと思います。
郵送だと、それなりの時間がかかってしまうので、とにかく申請の作業は早めにやってください!

入院や手術をした時は、 高額療養費制度の「限度額適用認定証」を使うと覚えておきましょう!
手術代金が必ず、どんなにお金がかかっても、実際の支払額が8万円以下で済みますよ!

この記事も読みたい→

腎臓結石の入院ストーリー 語ってみた

https://atsuatsu-atsukun.com/kesseki-nnyuuin-onee-hanashi