普通自動2輪車、バイクの免許を取りに行ってた話

こんにちは!アツクンです!
 
普通自動二輪運転免許(旧 中型バイク免許)を
取りに行ってた話をします。
 

バイクのギア操作・・・ぜんぶ、「半クラッチ」で走ってればいいんです

中型のバイクの免許を、これから取得する。
 
最初に、引っかかるのは
 
「マニュアル・ギア」のギア操作です。
 
結論を言うと
 
全部、「半クラッチ(状態)」で走ってればいいんです!
 
ってことです。
 
 
 
小さなカーブを曲がる、大きなカーブを曲がる、
 
事前に危険を察知して、
バイクを停める、また発車させる・・・
 
そのたび、「半クラッチ」を多用して走ります。
 

まず「マニュアル・ギア」の「クラッチ操作」を理解しましょう【バイク】

お恥ずかしい話です、
ボクは自動車の「マニュアル・ギア」を
わかっていませんでした。
 
世の中の自動車は、すべて「オートマ(状態)」で走っている、
と本気で思っていました汗
 
ちがいます!
「マニュアル・ギア」のギア操作をして、
 
自分で、危険予知の安全運転をして、
 
すべての自動車は動いているんです
 

「上手い人は腰で乗ります。下手な人は肩で乗ります」【バイク】

「上手い人は腰で乗ります。下手な人は肩で乗ります」 
 
バイクは腰で、乗るんです。
 
“ニー・グリップ”(自分の両 太ももで、バイクのガソリン・タンクをはさみ、ライダーとバイクを一体化させる)をします。
 
ニー・グリップで、
体とバイクを一体化させて
(腰で乗る) 
 
アクセル・ワークと、体重移動で、
バイクを操ります。
 
 
 

“雨が降り始めの路面”は滑ります【バイク】

“雨が降りはじめの路面”は滑ります。 
 
“雨が降り始め”の、
 
「マンホールのフタの上」で 
後ろタイヤが、ブレーキ・ロックして転倒しました。
 
ケガなく転倒できて、 
 
でも、フッと後ろを見たら
 
真後ろに、大きなトラックが止まっていました 
 
ゾッとした瞬間でした。
 

ボクがバイク教習所に通ってた、前夜…

バイク免許の教習に、行こうと思いました。
 
でも、 行くのがカッタルかったんです笑 
 
ゼロから 中型バイクの教習の実技を受けるのは 
「マニュアル・ギア」操作をやったことがなかったので、
とても面倒くさい教習に思えました。 
 
ですので、教習所に行かないで、
2週間ほどテレビゲームをやっていました笑 
 
こんなにダラダラしていては
バイク免許を取って、バイクに乗れないぞ、と思い立って 
 
やっと教習所に行きました。 
 
バイク免許の教習が始まってみると
面倒くさいな、と思っていた、 
 
実技講習も 
最初は「半クラッチ」をつないで
バイクを発車させること、の繰り返しだけだったので 
 
めんどくさく、ありませんでした。
 

「クラッチ」をよく切りましょう!「半クラッチ」操作が上手くなります【バイク】

オートマ車の運転を、見てきた人は、「マニュアル車」の
運転がピンとこないです。
 
「クラッチ」を切って
回転しているエンジンの動力を、「伝えるのを、切る」。
 
「クラッチ」をつないで
回転しているエンジンの動力を、「伝えて、車が動く」。
 
「クラッチ」をよく切りましょう!
 
「半クラッチ」使うの上手くなります。
 
そうすると、バイクの運転も上手くなります。
 
この記事も読みたい→

「au助手席ナビ」おすすめします

 

まとめ【バイク】

クラッチを、よく切ること。
「半クラッチ」を覚えると、上達します。
 
○「マニュアル・ギア」操作を覚えることが、できます。
 
いろんな“車”を運転する時、役に立ちます。
 
○「上手い人は腰で乗ります。
下手な人は肩で乗ります」 
 
バイクは腰で、乗るんです。
 
ニー・グリップで乗る。
 
この記事も読みたい→

運転免許証の更新は「郊外の、すいてる免許センター」に行きましょう!